もはや奇跡としか言いようのない、大展開の出来事が起きました。

男性の名はサロー。

4歳の時に、迷子が原因で家族の元へ帰れなくなってしまいました。

当時4歳だったサローは、インドにある小さな村で母親と3人の兄弟と

貧しい生活の中で暮らしていました。

貧困のために母親が何度も涙しているところを見ていたというサロー。

兄のグッドゥが、家計を助けるために電車の清掃の仕事をしていました。

その日、サローは仕事をする兄について駅にきていました。

そこから、サローは家族と離れ離れの25年間を送ることになってしまうのです。

気になる続きは次のページ

新規コメントの書き込み

秒後にスキップできます。