例えば一つの会社を見てみると、経営者がいて経理を担当する人がいたり

現場に出る職人さんや営業さんがいたり

会社内を清掃してくれる業者が入っていたり

物流に携わるジャンルの会社ならば、トラック運転手があちこちへと荷物を運ぶ。

近場を1日に数件回る程度ならばそこまで大変ではないかもしれませんが

トラック運転手と聞いて私たちがイメージするのは

日本全国あちこち、長距離を走るドライバーではないでしょうか?

真夜中の高速を走り、パーキングで仮眠をとり

納品期限に間に合うようにひたすらトラックを転がす。

以前はトラック運転手の過酷労働がクローズアップされ

労働環境の改善へ向けて動きがあったこともありました。

未だに過酷な労働環境を強いている、いわゆるブラックなところもあるかもしれません。

けれども、クロネコヤマトなどはドライバーの環境改善のために

様々な対策を取り入れていることは、何度もニュースで紹介されていましたね。

続きは次のページで!!

新規コメントの書き込み

秒後にスキップできます。