それは1980年、NYでのことでした。

その日、ボビーは進学先のキャンパスに初登校していました。

初登校に胸を躍らせていたボビーでしたが

なぜか周囲が自分に対しておかしな態度をとってくることに

首を傾げていました。

初めて出会うはずの学生たちが、まるで仲のいい友人かのように声をかけるのです。

よう!と言いながらお尻を叩いてきた見知らぬ男子学生

見知らぬ女子学生に至ってがハグ&キスをしてくる始末。

おかしなことだと思いながらキャンパスライフを送っていたボビーでしたが

ある日、マイケルという男子学生に出会い、事態は急展開を迎えるのです

ボビーに声をかけたマイケルは、当時のことについてこう語ります。

ボビー:彼がこっちを振り返った瞬間、僕は震えだしたよ。

顔から血の気が引いていった気がした。

こいつは絶対にエディのドッペルゲンガーだと思ったんだ

マイケルの口から出た”エディ”という人物は、マイケルの友達です。

つい最近、学校を卒業したばかりの人物でした。

続きは次のページで!!

新規コメントの書き込み

秒後にスキップできます。